« 2011年2月 | トップページ

2011年8月

先祖を迎えるテーブル

日本の「お盆」は、仏教の盂蘭盆(ウランバナ)が藪入り(やぶいり)に結びついて、現代に伝えられたものだそうです。

先祖の霊が帰ってくる日ということで、親戚一同が集まってお迎えし供養します。
故郷を離れている人も帰郷する人も多いことでしょう 。
昔は、他家に嫁いだ女性が実家に戻ることの出来る時期でもあり、自分と自分の家(先祖、ルーツ・・・)の繋がりを確認する大切な行事でした。

現代のお盆行事は、家族や一族があつまりご先祖を供養し、亡くなられた人をしのぶ行事として行なわれます。家族や一族が集まり、故人の思い出を語り合う...。
そんなお盆の食事をイメージしたテーブルです。

落ち着いた紫ををベースに、普段使用するお花の代わりに、鮮やかなイエローのナプキンを配し、夏野菜のキュウリは豪快に齧るイメージで。

気の置けない家族だけのテーブルだからこそ出来るセッティングです。
Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ